ABOUTドラッグストアでバイトをしたい人のために、仕事内容や志望動機の書き方、求人の探し方などを紹介するサイトです。

トピックスランキング

特集ページ

慣れれば簡単なレジ打ち作業

慣れれば簡単なレジ打ち作業

ドラッグストアバイトといえば最初に覚えるのがレジ打ちの仕事です。レジ打ちは慣れてしまえば簡単ですので心配はいりません。

履歴書には熱意と経験を書く

ドラッグストアでバイトを始めるにあたって、応募の段階や面接時に「履歴書」を提出することになります。履歴書は合否を左右する大切な書類ですから、丁寧に心を込めて書きましょう。

履歴書はアピールしやすいものを

履歴書は書店や文房具店で購入することができますが、いくつか種類がありますのできちんと確認してください。バイトの応募に使う履歴書は「自己アピール欄」「志望動機欄」が大きいものを選ぶのがポイントです。「職歴」を書き込む欄を広くとってある履歴書もありますが、ほとんどの人はそれほどたくさんの職歴を経験していないため空欄が多くなってしまいます。それよりも自分のやる気や、得意なことを書き込める枠を大きく取っている履歴書を選ぶようにしましょう。履歴書のサイズはA4が基本です。

利益になる人材だとアピール

志望動機を書く時に、最も採用に有利になるのは「経験を活かしたい」という動機です。ドラッグストアバイトは未経験者でも十分に務まる仕事ですが、教育の手間を省けるという点からも、経験者を採用したいと思う採用担当者が多いからです。逆に未経験者が志望動機に書くべきことは「自分の力を活かした仕事をしたい」という文面です。自分の持っている能力をドラッグストアの仕事に役立てたいという意味を持った志望動機ですので、「役に立ちそうな人材だ」と採用側にアピールすることができます。そのためドラッグストアバイトの役に立ちそうな自分の能力を志望動機の中に入れることが大切です。

自己アピールは1点勝負

人気のあるドラッグストアの場合、バイトの募集に対して送られてくる履歴書の数も大変多くなります。採用担当者は大量の履歴書に目を通すことになりますので、いかに印象に残る履歴書を書くかが重要なポイントです。自己アピールの欄は簡潔にかつ、インパクトのあることをひとつだけ書くようにすると良いでしょう。たくさん書き過ぎると読むのが面倒になってしまいますし、印象が薄れてしまいます。「ドラッグストアバイト経験あり」「薬剤師の資格取得者」「他のバイトでバイトリーダーをしていた」など、できるだけ採用側にアピールしやすいものを選びましょう。

応募は早めに

バイトの応募はできるだけ早めにすることが大切です。バイトを募集する側は、バイトの募集に対してできるだけ早い反応を見せる人が優秀な人材で、締め切りギリギリに反応する人は問題が多い人材だという考えを持っています。採用側にこのような傾向がある以上、できるだけ早く履歴書を作成し、バイトに応募するのが合格のために必要なことだと言えます。中には締め切り前にも関わらず、早めに届いた履歴者の中から合格者を決めてしまうこともありますので注意が必要です。

履歴書には熱意と経験を書く

こちらの記事にも注目!

  • ドラッグストアバイトは人気がありますので、合格するためには面接が重要になります。面接時に良く聞かれる質問である「シフトの希望」と「志望動機」についての回答例の他、面接に行く時にふさわしい身だしなみなど、採用されるための様々な攻略法を紹介しています。ドラッグストアのバイト面接ではスーツを着る必要はありませんが、爽やかで清潔感のある服装を選びましょう。身だしなみは第一印象を左右する大切なポイントです。

  • バイト先を探す時は、ネットを使うと便利で効率的です。ネット上には「求人サイト」と呼ばれるバイト情報の検索サイトがあります。無料で登録できる上、スマホなどのモバイル端末を使えば24時間どこにいても、バイトの求人情報をチェックすることができます。検索が簡単な求人サイトや、バイト先の雰囲気が分かる求人サイトもあります。ネットを利用したバイトの探し方のコツと、オススメの求人サイトを紹介します。

  • ドラッグストアでバイトをすると、新製品の「試供品」がもらえます。試供品はテスターとも呼ばれる、お客さんの購買意欲を増すための販促グッズです。しかしすべての試供品を配れるわけではないので、余った分はバイトがもらえます。化粧品を中心に医薬品やドリンク剤など試供品のバリエーションは豊富です。試供品を使えば、無料で本当に良い商品を見分けることができますので、消費者としてもお得です。