ABOUTドラッグストアでバイトをしたい人のために、仕事内容や志望動機の書き方、求人の探し方などを紹介するサイトです。

トピックスランキング

特集ページ

慣れれば簡単なレジ打ち作業

慣れれば簡単なレジ打ち作業

ドラッグストアバイトといえば最初に覚えるのがレジ打ちの仕事です。レジ打ちは慣れてしまえば簡単ですので心配はいりません。

採用面接の攻略ガイド

ドラッグストアバイトの面接に合格するためには、面接できちんとした受け答えをすること、そして当日の服装や髪形などの身だしなみが大切です。今回はドラッグストアの面接で良くある質問、そして面接にふさわしい身だしなみを紹介します。

希望シフトを考えておく

面接で必ず聞かれるのが「どの程度シフトに入れるか」ということです。「シフトの希望」という形で質問があるかもしれません。採用側にも「週に3日以上入ってくれる人」「土日のどちらかに働いてくれる人」など、シフトについての希望があります。面接者と採用者の思惑が一致すると、バイトに合格しやすくなります。しかし合格したいからといって、「いつでも入れます」というような答えをしてしまうと、バイトを始めてから苦労をすることになります。シフトに関しては「縁」だと思って、自分が働ける日数と曜日を正直に言いましょう。面接の場で初めてシフトについて考えると、慌てて間違った答えを言いやすいので、面接前に考えておきましょう。
同様に「薬剤師の資格」「登録販売者の資格」についての質問も出ると思いますが、持っている人は持っていると言い、持っていない場合は正直に持っていないと答えましょう。

志望動機は前向きに!

次に、「志望動機」についてです。「過去にドラッグストアでバイトをしていた経験を活かしたい」「資格を活かしたい」など、過去の経験を活かせる人は率直にその旨を伝えましょう。未経験者の場合は、「将来は薬剤師になりたいと思っていますので、そのために現場で経験を積みたい」、「地元のドラッグストアで働くことで、自分の住んでいる地域に貢献したい」、「ドラッグストアが好きだから!」など、前向きな気持ちと熱意を素直にアピールしましょう。

面接当日の身だしなみ

面接時の身だしなみを考える時は、バイト先のイメージに合う人材になることを考えるのがコツです。ドラッグストアは医薬品などを扱う接客業が中心の仕事です。清潔感があり、接客をして失礼のない身だしなみがドラッグストアにはふさわしいでしょう。面接ではシワのない白い襟付きのシャツ、チノパンなどの組み合わせが良いでしょう。デニムのパンツしかない時は、穴があいていない綺麗なものを選びましょう。また面接当日は遅刻をしないことが絶対条件です。面接会場に5分前には到着しているようにしましょう。そのためにも服装は前日までに用意しておきます。当日は髪型を整える時間も考えて、早め早めの行動を心掛けましょう。

採用面接の攻略ガイド

こちらの記事にも注目!

  • ドラッグストアバイトは人気がありますので、合格するためには面接が重要になります。面接時に良く聞かれる質問である「シフトの希望」と「志望動機」についての回答例の他、面接に行く時にふさわしい身だしなみなど、採用されるための様々な攻略法を紹介しています。ドラッグストアのバイト面接ではスーツを着る必要はありませんが、爽やかで清潔感のある服装を選びましょう。身だしなみは第一印象を左右する大切なポイントです。

  • バイト先を探す時は、ネットを使うと便利で効率的です。ネット上には「求人サイト」と呼ばれるバイト情報の検索サイトがあります。無料で登録できる上、スマホなどのモバイル端末を使えば24時間どこにいても、バイトの求人情報をチェックすることができます。検索が簡単な求人サイトや、バイト先の雰囲気が分かる求人サイトもあります。ネットを利用したバイトの探し方のコツと、オススメの求人サイトを紹介します。

  • ドラッグストアでバイトをすると、新製品の「試供品」がもらえます。試供品はテスターとも呼ばれる、お客さんの購買意欲を増すための販促グッズです。しかしすべての試供品を配れるわけではないので、余った分はバイトがもらえます。化粧品を中心に医薬品やドリンク剤など試供品のバリエーションは豊富です。試供品を使えば、無料で本当に良い商品を見分けることができますので、消費者としてもお得です。