ABOUTドラッグストアでバイトをしたい人のために、仕事内容や志望動機の書き方、求人の探し方などを紹介するサイトです。

トピックスランキング

特集ページ

慣れれば簡単なレジ打ち作業

慣れれば簡単なレジ打ち作業

ドラッグストアバイトといえば最初に覚えるのがレジ打ちの仕事です。レジ打ちは慣れてしまえば簡単ですので心配はいりません。

慣れれば簡単なレジ打ち作業

ドラッグストアにバイトとして入ると、まず「レジ打ち」の仕事を任されることが多いでしょう。レジ打ち作業が難しそうだと感じている人もいるかもしれませんが、レジ打ちは仕事の中でも最も簡単な部類に入りますので心配はいりません。

未経験者でもできる!レジ打ち作業

ドラッグストアバイトをすると、必ず行うのが「レジ打ち」です。未経験者の場合、レジ打ちは難しい作業に思えるかもしれません。確かに覚えることはいくつかありますが、難しい操作はひとつもありません。しかも覚えてしまえば同じ作業を繰り返すだけなので簡単です。レジ打ちは、日中などの暇な時間には考えごとをすることができるほど余裕があります。またドラッグストアに来るお客さんはコンビニに比べると大人しい穏やかな人が多い傾向がありますので、接客面での苦労も少なくて済みそうです。

レジの操作はすぐに覚えらえる

ドラッグストアでレジ打ちの仕事を覚える時は、まず職場の先輩スタッフや社員にレジスターの操作方法を一通り説明してもらいます。バーコードリーダーの使い方、レジの打ち方、金額の確認方法、お釣りの補充の方法などです。どれも一度聞けば分かる簡単な作業です。またクレジットカード払いの時のレジ操作や、キャンペーン中の割引カードの扱いなど、少し特殊な作業の説明もあります。もちろん簡単な作業ばかりとはいえ、一人でお客さんに対応するのは緊張しますし、ミスをしないか不安だと思います。しかしほとんどのドラッグストアでは、先輩スタッフが一緒にレジについている状況でデビューします。きちんとレジの操作ができるようになり、クレジットカード払いなどにも対応できるまで先輩スタッフが横にいてくれますので、ミスをする心配がなく安心です。

コミュニケーション能力は必要?

ドラッグストアのレジ打ちは、お客さんと会話をする時も「いらっしゃいませ」「お会計○○円です」「お釣りは○○円のお返しです」「ありがとうございました」の繰り返しです。飲食店バイトのように注文を聞いたりする必要もありません。ドラッグストアに訪れるお客さんは必要な物を購入すると、すぐに移動したいと考えている人が多い傾向にあります。医薬品などを品揃えの中心にしているので、すぐに店を出て使用したい人が多いのかもしれません。そのためコミュニケーション能力がそれほど高くなくても、普通に挨拶ができる人ならドラッグストアのレジ打ちは十分に勤まるでしょう。未経験者でもバイト経験自体が少ない人でも働きやすいのがドラッグストアのレジ打ちですので、安心してバイトに応募してみましょう。

慣れれば簡単なレジ打ち作業

こちらの記事にも注目!

  • ドラッグストアバイトは人気がありますので、合格するためには面接が重要になります。面接時に良く聞かれる質問である「シフトの希望」と「志望動機」についての回答例の他、面接に行く時にふさわしい身だしなみなど、採用されるための様々な攻略法を紹介しています。ドラッグストアのバイト面接ではスーツを着る必要はありませんが、爽やかで清潔感のある服装を選びましょう。身だしなみは第一印象を左右する大切なポイントです。

  • バイト先を探す時は、ネットを使うと便利で効率的です。ネット上には「求人サイト」と呼ばれるバイト情報の検索サイトがあります。無料で登録できる上、スマホなどのモバイル端末を使えば24時間どこにいても、バイトの求人情報をチェックすることができます。検索が簡単な求人サイトや、バイト先の雰囲気が分かる求人サイトもあります。ネットを利用したバイトの探し方のコツと、オススメの求人サイトを紹介します。

  • ドラッグストアでバイトをすると、新製品の「試供品」がもらえます。試供品はテスターとも呼ばれる、お客さんの購買意欲を増すための販促グッズです。しかしすべての試供品を配れるわけではないので、余った分はバイトがもらえます。化粧品を中心に医薬品やドリンク剤など試供品のバリエーションは豊富です。試供品を使えば、無料で本当に良い商品を見分けることができますので、消費者としてもお得です。